文書作成日:2019/12/03
年末調整前に申告者本人の所得金額が異なることとなった場合

[相談]

 年末の決算賞与の支給が決まり、従業員から提出を受けた「給与所得者の配偶者控除等の申告書」の「あなたの合計所得金額(見積額)」に記載された給与所得の収入金額よりも、本年中にその従業員に支払う給与の額が上回ることとなりました。これにより、最終的な配偶者控除額が異なります。これから年末調整の計算を行うのですが、このような場合は、どうしたらよいのでしょうか?


[回答]

 一旦、「「給与所得者の配偶者控除等の申告書」を該当の従業員へ返却をして、記載内容の訂正を依頼するなどをして、適正な控除額が計算できるようにしましょう。


[解説]

 配偶者控除額や配偶者特別控除額を計算する上で、配偶者の所得金額だけでなく、申告者本人の所得金額も必要となりました。

 そのため、年末調整を行う前に、提出を受けた「給与所得者の配偶者控除等の申告書」に記載された「あなたの合計所得金額(見積額)」が異なることが分かった場合には、一旦該当する従業員へ返却を行い、記載内容の訂正を促すなどをして、適正な配偶者控除額や配偶者特別控除額を計算しましょう。

 なお、年末調整後に申告者本人の所得金額の見積額と確定額とに差額が生じた場合には、「給与所得の源泉徴収票」を受給者に交付する翌年1月末日まででしたら、年末調整のやり直しをすることができます。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
  本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。



外国籍労働者の年末調整2019/11/26
休業や休職中の従業員の年末調整2019/11/19
年末調整対象者から年末調整をしなくてもいいといわれたとき2019/11/12
年末調整の対象者は誰ですか?2019/11/05
今年の年末調整で気をつけるべき点は?2019/10/29
年末調整のスケジュール2019/10/22
減価償却資産の計上単位2019/10/15
飲食料品のセットメニューと消費税軽減税率2019/10/08
10月1日をまたぐ期間の水道料金と消費税経過措置2019/10/01
「令和元年分 年末調整のしかた」 公表 国税庁2019/09/24
業務災害休業期間を有給とした場合の所得税の取扱い2019/09/17
役員を減給処分した場合の法人税法上の取扱い2019/09/10
役員に支給する通勤手当は役員給与に含まれるのか2019/09/03
消費税・軽減税率導入後の価格表示方法22019/08/27
1年で8,920億円の投資効果 中企庁発表2019/08/20
消費税・軽減税率導入後の価格表示方法2019/08/13
マンション修繕積立金の消費税法上の取扱い2019/08/06
マンション修繕積立金の所得税法上の取扱2019/07/30
相続税の電子申告 10月スタート2019/07/23
インターネットカフェと消費税簡易課税・軽減税率2019/07/16
皇位継承と相続税・贈与税2019/07/09
給茶機レンタルと消費税軽減税率2019/07/02
平成30年度査察事案 告発件数は121件・脱税額は112億円2019/06/25
食品添加物の販売と消費税軽減税率2019/06/18
小麦の輸入販売と消費税軽減税率2019/06/11